HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPH001785

Bille Ray Hawee Hopi Vintage Double Wave Overlay Pin c.1960~

【Hopi】ホピの高い技術を誇り素晴らしい作品を残した作家である【Bille Ray Hawee】ビリー・レイ・ハウィー(19??-1980)による作品で、オーバーレイ技法を用いて『波』や『水』モチーフのデザインが施されたビンテージピンブローチです。

1960年代~1970年代製と思われ、比較的古いオーバーレイ作品でありながらエッジはベースのシルバープレートで構成し、モチーフとなっている『波』の紋様を上下ダブルに組み合わせることで独特の幾何学模様を生み出しています。さらにハンマーワークによって綺麗なアールがつけられ、中央が膨らむ三次元的な美しい曲線・曲面が与えられています。このようなハンマーワークによる立体的な造形なども現代の作品ではあまり見られなくなり、オールドホピ作品の特徴の一つです。
裏側には、氏のホールマーク『Star』と『Crescent Moon(下弦の月)』が刻まれています。


【Overlay】オーバーレイと言う技法は、シルバーの板に描いたデザインを切り抜き、下地のシルバーの上に貼り付けることで立体的に絵柄を浮き出させる技法です。スタンプワークやカッティングと組み合わされた作品も見られ、完成度を高められたオーバーレイ技法を用いた美しいホピのジュエリーは、現代に至るまでに多くの傑作を残しています。
1930年代にホピの作家【Paul Saufkie】ポール・スフキー(1904-1998)によって生み出された技術で、40年代~50年代Harry Sakyesvaや同い年の作家【Allen Pooyouma】アレン・プーユウマ(1922-2014)、【Victor Coochwytewa】ヴィクター・クーチュワイテワ(1922-2011)等により、ホピの代表的なスタイルの一つとして定着させられました。


【Bille Ray Hawee】ビリー・レイ・ハウィーは、アリゾナ州セカンドメサに近いシュンゴポヴィの生まれで、その後ホートビラに移住しシルバージュエリーの制作を行っていたようです。キャリアのほとんどをHopi Silvercraft Guild(ホピギルド)に所属し、こちらの作品ではパーソナルなホールマークのみとなっていますが、ホピギルドのサンフェイスが刻まれた作品も多く残されています。 また、クラン(ホピ特有の氏族)はSun(太陽)ですが、なぜかホールマークは星と月を用いており、特別な意思があると推測されますがその理由は不明です。
1959年頃からシルバージュエリーを制作していましたが、惜しまれながらも1980年に亡くなられており、その活動期間は20年程度と比較的短期間です。早世されたためにシルバースミスとしての活動期間が短く、前述のVictor Coochwytewaや【Lawrence Saufkie】ローレンス・スフキー(1934-2011)などに比べて知名度が劣りますが、もし長く活動されていたら巨匠として両氏に劣らない名声を得ていたのではないかと思われます。
ホピ独特の自然をモチーフに図案化された幾何学柄デザインの作品も残されていますが、鳥や植物を具体的に描いたピースが多く残されており、チープになりがちな具体的な図案を高いセンスにより上質感のある仕上がりに昇華しています。それらの作品群は共通して高いカッティング技術と美しい仕上げ処理が施され、高い完成度を誇っています。
また、こちらの作品の様に制作当時にはまだ伝統的なスタイルとなっていないディテールやデザイン/造形の作品も多く、意欲的に新しいスタイルや技術を模索した作家であることがわかります。


こちらの作品も、日本人にも共通する自然モチーフが非常に高いセンスにより図案化され、ナチュラルなイメージを持ちらながらオーバーレイのエッジーで構築的な質感はモダンな印象ももたらしています。
また、多くのアイテムに馴染む程よいサイズでハットやバッグ等、色々なスタイルのアクセントになり、性別やスタイルを問わずお使いいただける作品です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションは多少のクスミや僅かなキズは見られますが、使用感少なく良好な状態を保っています。
PRICE:
34,000 円(税込)
SIZE:
縦 約2.2㎝   横 約8.1㎝ 
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ