HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO001469

Antique Stamped Narrow Triangle Wire Cuff Bracelt c.1915~

【NAVAJO】ナバホのとても古いアンティークジュエリー、インゴットシルバー(銀塊)からナローなトライアングルワイヤー(竜骨型)に成形されたアンティークトライアングルバングルです。

シンプルな造形とオーセンティックな技術で構成されている為、正確な制作年代を特定するのが困難ですが、プリミティブな製法や造形スタイル、スタンプ(鏨)等のディテールから、1910年代末頃~1940年代初頭頃までに作られたと思われる作品です。
インゴットシルバー(銀塊)から成形されたトライアングルワイヤーは、トライアングル型に彫り込んだ溝に、ある程度細くワイヤー状にしたインゴットシルバーを叩きこむことで三角形の断面に成形しており、非常に硬くインゴット独特のシルバーの質感はとてもなめらかに仕上がっています。さらに、スタンプワークもオールドナバホらしいシンプルな文様が規則的に力強く施されており、その完成度を高めています。
現在でも、ナバホのオーセンティックなスタイルの一つとしてトライアングルワイヤーをベースにした作品は数多く制作されており、こちらの作品もそれらとの大きな違いは見られません。しかしながら、一見簡素な技術を想起させるデザインも原始的な製法によって造形された地金により、制作には長い時間と高い技術を要し、アンティーク作品独特の質感や佇まいを感じさせるピースです。


【Ingot Silver】インゴットシルバー(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位などの素材とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、材料として市販されているシルバープレート(銀板/ゲージ)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで叩き伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやワイヤーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


こちらのような細いボリューム感のトライアングルワイヤーバングルは、ラフなスタイルでもシンプルなスタイリングにもよくフィットするピースです。また、エッジーでオーセンティックな印象は他のバングルとの2連、3連等、重ね付けにも向いたピースですが、単体でも十分に存在感を持っています。 非常に使いやすく長年にわたってご愛用いただける普遍的な造形美を持ったバングルです。

また、古典的な技術によって構成されたアンティーク作品ながら、ナローな幅と洗練されたシルバーワークにより、現代においてもデザインの独創性や新鮮な印象を失っていません。
さらに、ハンドメイドインディアンジュエリー独特の武骨な表情など、アンティークらしい風格も感じることができ、こちらのような現在制作されている作品群のソース/源流とも言える古典期に近い時期に制作されたトライアングルワイヤーのピースは現存数が少ないため、現在では大変貴重な作品の一つとなっています。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも良好です。大変長い経年を経ていますが使用感は少なく、多少のクスミや内側に制作時のものと思われる細かな傷が見られる程度で、とても良い状態を保っています。
PRICE:
37,500 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ M - L 程度。
レディースサイズ XL- XXL 程度。

内径最大幅 約59.4㎜    正面幅(高さ) 約5.6㎜
内周 約136㎜    開口部 約30㎜
Inside Measurement 5 3/8inch   opening 1 3/16inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。SMサイズ以上、XLサイズ以下の男性、Lサイズ以上の女性であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Ingot Silver
        約14.8g
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ