HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBZ072258

【Dan Simplicio】 Zuni Vintage Knifewing Inlay Cuff c.1940~

【ZUNI】ズ二の大巨匠【Dan Simplicio】ダン・シンプリシオの作品で、ナバホのトラディショナルなスタイルのスプリットバンドをベースに、特徴的なナイフウィングモチーフのインレイが施されたアンティーク/ビンテージバングルです。

※こちらは、同時に掲載しているリング『JRZ073065』と同じデザインスタイルを持った作品ですが、異なった作者による作品となります。
こちらのバングルは、Dan Simplicioにより制作されたもので、上記リンクのリングは、John Gordon Leekityの作品となります。どちらの作家が生み出したスタイルか不明ですが、その差がとても小さい為に近年までどちらもJohn Gordon Leekityの作品と紹介されていました。明確な違いはナイフウイングの頭部の造形で、John Gordon Leekityの方が曲線的な段差を持った三角形を描いており、こちらのDan Simplicioの個体では直線的ではっきりと階段状の段差を持ったデザインとなっています。それ以外には誤差程度の差異となっており、見分けにくい特徴となっています。
販売は2作品セットではなく、それぞれ単体での販売になっておりますのでご注意ください。


1930年代末~1950年代頃の作品と思われ、おそらくインゴット(銀塊)から成形されたバンド/地金は、大変美しく3本に割り開かれたスプリットバンドの造形で、スプリットのエンド部分にはツイステッドワイヤーが施されています。さらに、全体にオーセンティックなスタンプワークが刻まれ、センターには丸く造形されたジェット(炭化した木の化石)にターコイズとスパイニーオイスター、そしてマザーオブパール(シェル)をはめ込んだナイフウィングのインレイが施されたフラワーコンチョがアップリケ/パッチワークされています。
このようなナイフウイングをモチーフとしたインレイワークは、John Gordon Leekityが生み出したものと考えられており、非常に高い技術を必要とする造形です。同様のスタイルは、【Dexter Cellicion】(1931-1999)や【Ida Vacit Poblano】等の多くの子孫やズニの後進作家に受け継がれていますが、こちらの作品にみられるような素朴なナイフウィングのデザインやジェットをベースとしたインレイの特徴を持つ作品は全てJohn Gordon Leekityと思われます。
ただし、同作者は謎が多くその詳細の明らかになっていない人物であり、当店の推測ではありますが、シルバーワークの多くは、C. G. Wallace Trading Postに所属していた別のシルバースミスが担当していた可能性があります。実際にブレスレットなどでは別の作家のホールマークを持つ作品も残されており、このような合作と言える制作過程は、C. G. Wallace Trading Postで制作された作品においては他にも散見される事例であり珍しくありません。
そのため明確ではありませんが、こちらの作品も【Austin Wilson】オースティン・ウィルソン(1901-1976)、【Ike Wilson】アイク・ウィルソン(1901-1942)の兄弟や【Billy Hoxie】ビリー・ホクシー、【Charles Begay】チャールズ・ビゲイ(1912-1998)などによるシルバーワークの可能性が考えられ、大変興味深いピースと言えます。


【Dan Simplicio】ダン・シンプリシオは、ZUNIの中でも最も著名な作家の一人であり、1930年代後半から台頭する安価なズニスタイルジュエリーを量産するメーカーに対抗し、カットせずに自然な形を生かしたコーラル(珊瑚)等を最初に用いた作家として知られ、非常に多くのスタイルや技術を生み出した人物。【Leekya Deyuse】(1889-1966)や【Leo Poblano】(1905-1959)等との共作のピースも残されています。
1917年、ニューメキシコ州ズニプエブロに生まれ、叔父にはズニ族において記録が残る作家として最初期の一人と言われる【Juan de Dios】ファン・デ・ディオス(1882-1940)を持ち、とても若い時期からシルバースミスとしての技術を教わったようです。
息子である【Mike Simplicio】マイク・シンプリシオの証言によれば、第二次世界大戦中にはフランス・ドイツ・イタリアに従軍し、その時に目にした彫刻などの影響を受け、インディアンジュエリーとしては新しい植物等のモチーフや蛇等のモチーフを用いた複雑で有機的な造形を生み出したとされています。
それらは当時、非常に独創的であり現代においてはズニのトラディッショナルなスタイルとなっていますが、1930年代~50年代に彼が生み出した功績は計り知れません。 1975年に行われたC. G. Wallaceコレクションのオークションでは氏の作品が50点以上が出品され、非常に多くがC. G. Wallaceに個人コレクションされていたことがわかります。
また、甥には【Juan Calavaza】がおり、その妻であり日本においても高名な【Effie Calavaza】もDan Simplicioの創作に強い影響を受けた作家です。



【Knifewing】はズニ族のナイフの翼を持った戦争の神/精霊として考えられ、【Rainbow Man】と共にズニジュエリーのモチーフとしても広く知られています。


ナバホの伝統的でプリミティブな技術で作り上げられた無骨なシルバーワークをベースにズニ独特の美しい色彩感覚を感じさせるインレイワークが映えるバングルであり、ビンテージスタイルに良く馴染む印象を持っています。そしてこのような組み合わせや作者の独自性による完成度は唯一無二の作品であり、どこか品位も感じさせ、精巧なインレイやバランスの良いボリューム感等、さりげない印象もあって性別を問わず多くのスタイルにおいて効果的なポイントに成りえるピースです。

また、ズニ独特の世界観を持ったインレイのジュエリーは、キャッチーな印象とハンドメイドによるリラックス感があります。 中でも遊び心を感じる動物や精霊をメインとしたモチーフの『図案化』には、元々農耕民族として自然の存在を重んじるアニミズムの思想を持つ日本人にも共通した価値観や美意識を感じることができます。

ビンテージインディアンジュエリー独特の味わいと、Dan Simplicioという偉大な作家による独自性を持つ作品であり、非常にコレクタブルで史料価値も高いアンティークジュエリーです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションは使用感の少ない状態で、センターのコンチョのエッジに少し凹みが見られますが、使用に不安のあるダメージのない良好な状態を保っています。
PRICE:
97,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ ML - XXL 程度

内径最大幅 約62.4㎜    正面幅(高さ) 約38.6㎜
内周 約145㎜    開口部 約23.5㎜
Inside Measurement 5 3/4inch   opening 7/8 inch 

  ※※バングルはサイズ調整可能です。MLサイズ以上、XXLサイズ以下の男性であればほとんどの方にフィットすると思います。br> ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Silver, Jet, Turquoise, Spiny Oyster, Shell 
        約35.6g
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ