HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF002173

Antique 卍 WhirlingLog Patched Split Shank Narrow Ring c.1930

【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルや【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーと呼ばれる1910年代~1950年代当時、観光客向けに生産されたピースで、センターに【卍】Whirling Log/Swastikaがパッチワークされたアンティーク/ビンテージリングです。


こちらの作品も1930年代に作られたピースで、細い幅と控えめなボリューム感ながら重厚感を感じさせるピース。ベースとなっているシャンクはスプリットシャンクと呼ばれる割り開いた造形で、伝統的なスタイルの一つ。そこに、さりげなくライトニングスネークなどのスタンプワークが刻まれ、センターには卍のアップリケ/パッチワークが施されています。シャンクに刻まれたスタンプに多少のずれが見られる粗暴な部分も見られますが、アンティークジュエリー独特の雰囲気を持ち、ツーリストジュエリーのキャッチーな印象も感じさせる仕上がりとなっています。またナローで控えめなボリュームの作品で、女性向けのサイズながら、男性のピンキーにも向いたリングです。
一部の工程には機械が用いられているため、マシン&ハンドメイドのハイブリッドなピースであり、ある程度量産されたピースですが現在では現存数の少ない貴重な物となっています。

またこちらは、コロラド州デンバーでツーリスト向けのジュエリーを最も古くから製造していたことで知られる【Harry Heye Tammen】H.H.タンメン社、又は同社から独立したRudolph Litzenbergerが創業したニューヨークのメーカー【Arrow Novelty】アローノベルティ社で製造されたものと推測されますが、ショップマークやホールマークは入らず詳細は不明となっています。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。
当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。


こちらもそのような受難を乗り越えて現存している卍をモチーフとした作品で、素朴で渋いシルバーの肌等、多くのスタイルに馴染みやすく、さり気なく使えるリングだと思われます。
ありそうでなかなか見つけることができない、シンプルで控えめな卍モチーフのツーリストリングです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも良好です。制作上のムラやシルバーのクスミ等が多少見られ、僅かな使用感も見られますがダメージなどは無く、良い状態を保っています。
また、【卍】の入るピースは戦後もほとんど着用されずに保管されていることが多く、現存数は少ないですが、コンディションの良い個体が多いことも特徴の一つです。
PRICE:
19,400 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 9.5~10号   円周 約 49.9㎜   us 5.5
正面幅 約 6.9㎜
MATERIAL:
Silver(probably Coin Silver 900)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ