HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF001851

Antique 卍 Stamped Thunderbird Shape Silver Ring c.1925~

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリー、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルとも呼ばれる1920年代後半~1930年代製で、逆卍/Whirling Log/Nohokosの刻印されたサンダーバードがフェイスのアンティーク/ビンテージリングです。

女性に向いた小さいサイズのピースですが、男性のピンキーリングにもお使いいただけるサイズ(10~10.5号程度)です。
サンダーバードのシェイプにカットされたフェイスのセンターには、シェルリポウズが施され、両翼には卍とアローのスタンプワークが刻まれており、同様のスタンプは、シャンクのサイドから後ろ側にも配されています。ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる、当時アメリカ中西部の観光客向けに作られたピースを代表するようなサンダーバードモチーフの作品ながら、おそらくすべての工程が全てハンドメイドで仕上げられていると思われます。
また、コインシルバー製だと思われ、落ち着いた質感と素朴なハンドメイドの味わいが印象的なリングです。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。 当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。

【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。 ジュエリーでは、限界の無い幸福を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


可愛さのあるサンダーバードのシェイプは、ツーリストジュエリー特有のキャッチーな印象を作っていますが、アンティーク独特の味わい深い質感は重厚な雰囲気も持ち、あくまでも大人向けのアイテムではないかと思います。また、男性向けとしても『遊び心』あるピースです。スタイルに『ギャップ』を与えてくれるアイテムであり、さり気なくスタイルに奥行きをもたらすことが出来るビンテージリングです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも良好です。ハンドメイドによるアンティーク作品ですので、制作上のムラやシルバーのクスミ等が多少見られますが、使用感は少なく良好な状態です。
また、【卍】の入るピースは戦後もほとんど着用されずに保管されていることが多く、現存数は少ないですが、コンディションの良い個体が多いことも特徴の一つです。
PRICE:
24,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 10~10.5号   円周 約 50.8㎜   us 5.5
正面幅 約 14.4㎜
MATERIAL:
Silver(probably Coin Silver 900)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ