HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBF001810

Antique 卍 Stamped & Thunderbird Patched Cuff Bracelet c.1930

【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイル、【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーと呼ばれる、当時アメリカ中西部の観光客向けに制作されたピースで、1930年代頃のピースと思われます。センターにシェルコンチョのリポウズが施されており、その左右に逆卍/Whirling Log/Nohokosのスタンプとサンダーバードのアップリケ/パッチワークが配されたとてもデザインの良いアンティーク/ビンテージバングルです。

ツーリストジュエリーとしては比較的しっかりとしたバンド/地金に、代表的なモチーフのスタンプワークが施されたオーセンティックなピースです。センターのリポウズというのは鏨(鉄製の金型ツール)の凸と凹を用いてシェルモチーフの立体的な細工が施されています。サイド~ターミナルにかけては卍をはじめ、イーグルフェザーやアロー、サンマーク等のスタンプが施されており、サンダーバードはアップリケ/パッチワークとなっています。ビンテージ感のあるシルバーワークは、そのほとんどが職人による手作業によって構成されていますが、おそらく極一部の工程は機械が用いられたハンド&マシンメイドのハイブリッドなピースと思われます。
また、センターのリポウズの脇にリペアの跡がありますが、とても綺麗に修復されています。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。 当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。

【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。 ジュエリーでは、限界の無い幸福を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。
【Sun Symbol】サン/太陽は、幸せを表し全ての生命を与えてくれると言う意味や成長などのを象徴します。


サンダーバードの持つアイコニックな雰囲気によって、古い作品とは思えないキャッチーな印象に仕上がっていますが、長い経年や味わい深いスタンプワークによってアンティーク特有の渋さと迫力も感じられます。また、その素朴でナチュラルな表情と、武骨なビンテージインディアンジュエリーの質感、さらにターコイズがセットされていないこともあって性別を問わずスタイリングしやすい印象です。

遊び心を感じるキャッチーなデザインは、男性向けのアクセサリーには重要な要素である『ギャップ』を与えてくれるアイテムであり、スタイルにアクセントと奥行きをもたらすことが出来るビンテージバングルです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションは、センター付近にリペアの跡が見られますがしっかりとリペアされ、強度には不安のない状態です。また、シルバーは多少のクスミが見られますが、その他のダメージなどは無く良いコンディションを保っています。
PRICE:
29,800 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ S - ML 程度。
レディースサイズ L - XXL 程度

内径最大幅 約58.1㎜    正面幅(高さ) 約12.4㎜
内周 約134㎜    開口部 約23㎜
Inside Measurement 5 1/4inch   opening 7/8 inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。XLサイズ以下の男性、MLサイズ以上の女性であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Silver(probably Coin Silver 900)
        約19.4g
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ