HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF001850

Vintage 【Maisel's】 Thunderbird Patched Seal Ring c.1940~

【NAVAJO】ナバホ/【PUEBLO】プエブロの職人が多く所属した、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルを代表する工房の一つである【Maisel's】製のピースで、サンダーバードのアップリケ/パッチワークが施された印台型のアンティーク/ビンテージリングです。

1940年代後半~1960年代頃に作られたピースで、ナバホの伝統的なモチーフであるサンダーバードがメインになったフレッド・ハービースタイルらしいキャッチーな印象のリングですが、印台タイプのオーセンティックなスクエアシェイプがクラシックで男性的な雰囲気を持ったリングです。内側には、『STERLING』の文字と共にホールマークが刻印されており、多くのインディアンジュエリーを生産したMaisel'sの作品と判断できます。多くのスーベニアジュエリーを生産した同社のピースながら、過去に同じデザインの作品は発見しておらず、比較的珍しいピースだと思われます。
キャストによって成形され、多くの工程は昔ながらの技術による手作業で行われていますが、一部の工程には機械が用いられているため、マシン&ハンドメイドのハイブリッドなピースです。


【Maisel's Indian Trading Post】マイセルズ インディアントレーディングポストは、1923年にMaurice Maiselにより創業された店で、当時の観光産業隆盛によるインディアン工芸品(土産物)ビジネスとして開業され、フレッド・ハービーホテルの向いに店舗を構えていました。 その後、1939年にはアルバカーキダウンタウンに移転し、現在でも同じロケーションで【Skip Maisel's Indian Jewelry】として営業しています。当時のピークには150人以上のインディアンの職人を雇い入れ、その作業を外から見える形で運営していました。そのスタイルは現在でも受け継がれ、【Will Vandever】等、腕の良いベテラン作家が今も作品を制作しています。
こちらのようなジュエリー以外のインディアンアートや工芸品、お土産物も多く遺しており、現在までビジネスを継続している数少ないトレーディングポスト兼工房です。


【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。
ジュエリーでは、『限界の無い幸福』を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


フレッド・ハービースタイルでは希少なメンズサイズのリングで、サンダーバードがキャッチーでアイコニックな印象を生んでいますが、風格もあり良い存在感と重厚な雰囲気も持った作品です。

また、印台型のシェイプは男性の手によく馴染み、遊び心のあるデザインですが、その味わいや渋いシルバーの表情等はあくまでも大人向けのアイテムではないかと思います。
味わい深いビンテージの質感やクラシックなシェイプは汎用性も高く、使いやすいリングだと思います。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは、少し使用感が見られ多少の摩耗や小傷がありますが、ダメージやリペア跡等は見られず良好な状態です。
PRICE:
23,900 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 22号   円周 約 62.8㎜   us 10.5
正面幅 約 19.0㎜
MATERIAL:
Starling Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ