HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF001849

Antique Shell Repouse & 卍 Stamped Narrow Silver Ring c.1930

【NAVAJO】ナバホの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリー、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルとも呼ばれる1920年代後半~1930年代製で、センターにシェルリポウズが施され、その両サイドには【卍】Whirling Log/Swastikaのスタンプワークが配されたアンティーク/ビンテージリングです。

ナローな幅と控えめなボリューム感の作品ながらとてもバランスが良く、性別を問わずお使いいただける(10.5号程度)ピース。ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる、当時アメリカ中西部の観光客向けに作られたお土産物/スーベニアジュエリーであり、それらを代表するモチーフの一つでもある卍がモチーフに用いられた作品ながら、全てのディテールがハンドメイドによって仕上げられていると思われます。
正面が少し広くなったクラシックなシェイプで、小さなシェルのリポウズによって立体的な造形が施されています。その両サイドには卍、さらにアローのスタンプワークがさりげなく施され、シンプルでトラディショナルな印象のリングです。
また、左右でスタンプに多少のずれが見られるような部分もハンドメイド特有の味わいやアンティークインディアンジュエリー独特の雰囲気を生み出しているようです。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。


こちらもそのような受難を乗り越えて現存している卍をモチーフとした作品で、アンティークインディアンジュエリーらしいクラシックな雰囲気を持った作品。
華奢なボリューム感で、10.5号程度のサイズ感は女性にお勧めですが、渋いシルバーの肌やオーセンティックなシェイプは重厚感があり、男性のピンキーリングとしても良い作品です。

伝統的なデザイン/造形のため、ありそうですがなかなか見つからないアンティークの良作です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションは、多少の使用感が見られシルバーにはクスミや僅かな摩耗等が見られますが、特にダメージはなく良好な状態です。また、ハンドメイドによるアンティーク作品ですので、制作上のムラは少し見られます。
PRICE:
23,900 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 10.5号   円周 約 50.8㎜   us 5.5
正面幅 約 6.7㎜
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ