HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JNF001729

Antique 卍 Stamped Horse Patch Tag Pendant Necklace c.1930

【NAVAJO】ナバホの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれるピースで、ホースモチーフのアップリケ/パッチワークされたタグがネックレストップにあしらわれたアンティーク/ビンテージネックレスです。

1920年代後半~30年代頃に作られた作品と思われ、こちらのようなシルバープレートタイプのタグは、当時のサウスウエスト観光で荷物タグとして使われていたもので、現在はアクセサリーのパーツとして広く用いられています。また、こちらの作品も観光客向けに作られたスーベニアジュエリーですが、量産化されたピースではなく、全てのディテールがハンドメイドによって仕上げられていると思われます。

ホースモチーフがキャッチーな印象のピースで、アメリカでも日本においてもなぜか通俗的に【犬】と言われていますが、こちらはホース、【馬】のデザインです。 また、卍やクロスアローのスタンプワークが施されており、アンティーク作品ながらフレッド・ハービースタイルらしいモチーフにより、キャッチーな雰囲気を持っています。
付属のシルバーチェーンは新しいものですが、重厚な925シルバー製で、独自にアンティーク加工を施しており、ビンテージ作品によく馴染む表情になっております。


【Horse】馬は旅を表し、人生や長い道のりを<導いてくれる物>を象徴します。

【Crossed Arrows】クロストエアローズは→ 『フレンドシップ』『友情』を象徴しています。

卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。


こちらの作品も長い経年を感じさせる摩耗やハンドメイドらしい粗暴な部分は見られますが、それらのアンティーク感によってキャッチーなデザインに風格ある印象がもたらされているようです。

ホース(馬)の表情など、ツーリストジュエリーらしい素朴さや独特の可愛さのあるデザインと、ハンドメイドの武骨な味わいやドックタグのような存在感は、男性のスタイリングにも良く馴染み、程よい『ギャップ』と深みを与えてくれると思います。
アンティークピース独特の味わいも魅力的で、多くのスタイルの良いアクセントになるネックレスです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは、アンティーク作品のためある程度の使用感が見られ、シルバーは黒っぽくなっていますが、特にダメージはありません。
PRICE:
25,900 円(税込)
SIZE:
縦(バチカンを含む) 約3.1㎝   横 約1.9㎝   チェーン長さ 約 50.0㎝程度
MATERIAL:
Silver (probably Ingot Silver)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ