HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF001375

Antique Tomahawk Patched Silver Tourist Ring c.1930~

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリー、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる1910年代~1950年代当時、観光客向けに制作されたピースで、トマホークのアップリケ/パッチワークが施されたアンティーク/ビンテージリングです。

またこちらの作品は、1910年代から2016年2月までオクラホマ州タルサで運営されていた長い歴史のあるトレーディングポスト『THE INDIAN TRADING CO.』で保管されていたピースです。
1920年代~1940年代には世界恐慌や第二次世界大戦の影響を受け、居留地から離れ近隣の都市に移住したナバホ/ズニ/プエブロのインディアンも多くいたようです。中でも【Route 66】沿いの町に多くのインディアンが流入し、タルサにあったTHE INDIAN TRADING CO.でも多くのインディアンシルバースミスがこちらのような観光客向けジュエリーを制作していたようです。

こちらの作品も、1930年代~1940年代当時に作られた作品で、ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる観光客向けに作られたピースを代表するようなサンダーバードモチーフの作品ながら、全てハンドメイドで仕上げられています。
センターには、トマホーク(手斧)のアップリケ/パッチワークが施され、サイド~ターミナルにかけてはハートやレインクラウド(雨雲)のスタンプワークが刻まれており、フレッド・ハービースタイルらしいキャッチーな印象も持っています。
リングのシェイプはセンターが広く内側が細いオーセンティックなシャンクに造形されています。シルバーの質感もハンドメイド独特の味わいが感じられます。


【Tomahawk】トマホークは戦闘を表し、『力』や『闘志』を象徴するモチーフとされています。
【Rain Clouds】雨雲(センターの上下に配されたスタンプ)は、砂漠地帯に住むインディアンにとって非常に重要であり、『吉兆』『良い展望』を表しています。


クラシックなシェイプとバランスの良いサイズ感により、性別を問わず使いやすい印象を持ったリングです。

また、遊び心を感じさせるキャッチーなデザインですが、ビンテージインディアンジュエリーの風格もあり、その味わいやアンティークの質感は大人向けのアイテムではないかと思います。
また、男性向けのアクセサリーには重要な要素である『ギャップ』を与えてくれるアイテムであり、経年による迫力等のヘリテイジ感も魅力的で、スタイルにアクセントと奥行きをもたらすことが出来るビンテージリングです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも良好 【OLD NEW STOCK】(デットストック)です。長い保管期間のため、シルバーに多少のクスミ等は見られますが、使用感のないコンディションです。また、ハンドメイドによるアンティーク作品ですので、制作上のムラ等が多少見られます。
PRICE:
14,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 14~14.5号   円周 約 55.1㎜   us 7.5
正面幅 約 13.6㎜
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ