HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPF001517

Vintage 【BELL TRADING POST】 Cowboy Shaped Silver Pin c.1950~

【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれるツーリスト/観光客向けの作品を生産した有名工房である【BELL TRADING POST】ベルトレーディングポストで制作された作品で、どこかキュートなカウボーイを模ったキャッチーな印象のアンティーク/ビンテージピンブローチです。

こちらのデザイン/造形は、GARDEN OF THE GODS TRADING POSTに所属した【Awa Tsireh】アワ・ツィレー(1898-1955)が1930年代に生み出した作品を元にしたものです。

BELLのホールマークデザインから1940年代末~60年代頃に作られたと推測されるピースで、カウボーイのシェイプにカットされたベースに立体的な曲面が施され、スタンプによってカウボーイのディテールが描かれています。カットやスタンプの工程は機械が用いられているため、マシン&ハンドメイドのハイブリッドなピースであり、ある程度量産されたピースですが現在では現存数の少ない貴重な物となっています。
そのデザインは、Awa Tsirehというインディアンジュエリーの歴史の中でも大きな役割を果たした巨匠による独特の価値観を持っており、現在においても新鮮な印象を受けます。


【BELL TRADING POST】ベルトレーディングポストは、ニューメキシコ州のアルバカーキーで【Jack T Michelson】ジャック・ミケルソンとその妻により1932年頃に設立されました。また、『BELL』の名前は妻である【Jack Mildred】ジャック・ミドルトンの旧姓から名づけられました。
ツーリストジュエリーをメインに非常に多くのアイテムを供給し、【Maisel's Indian Trading Post】マイセルズ インディアントレーディングポストと並ぶ有名メーカーとして知られていますが、創業からしばらくは、【Ganscraft/Julius Gans Southwestern Arts and Crafts】ガンズクラフト社と同じ姿勢を持ち、小規模で完全なハンドメイドによってジュエリーの制作を行っていました。しかし、代表であるJack T Michelsonは機械化することを望み、1940年にニューヨークポストに広告を掲載、そこで求めに応じた人物がツーリストアイテムの歴史上、大変重要な人物である【M.J."Jerry"Chakerian】M.J.ジェリー・チャケリアンでした。チャケリアンはニューヨーク出身の敏腕ビジネスパーソンであり、ツーリストジュエリーの生産・流通に大きな影響を与えた人物です。そして、彼のコンサルティングにより、すでに機械化に成功していたMaisel's Indian Trading Postの生産工程/ビジネスモデルをベースにした機械化とその飛躍に成功しました。

しかしながら、チャケリアンは1956年までBELL社で働いたあと、その後はデンバーの【Harry Heye Tammen】H.H.タンメン社に短期間所属し、そこでは機械生産を止めさせて、伝統的なナバホジュエリー制作への回帰という、BELL社での施策とはまったく逆のことをしており、「伝統的な方法で作られたジュエリーはマシーンメイドのジュエリーとの競争に苦しむべきではない」との自論を持っていたそうです。当時のタンメン社は業績が酷く悪化していましたが機械化等を行わず、新たにナバホのシルバースミスを雇い入れました。さらに、一部の機械工程にもナバホの職人を雇うことで、「インディアンメイド」の標記を守らせたようです。

チャケリアンの手腕により機械化・量産化に成功したBELL社では、ホールマークが入らないOEM生産も多く行っていたようで、フレッド・ハービーのお店等、サウスウエスト観光各地で取り扱われていました。また、ナバホスタイルのデザインを多く生産していますが、ズニやプエブロのインディアン達も多く所属し、同じように制作していたようです。
残念ながら1972年には買収され、現存していないカンパニーですが現在でも知名度が高く、ベルトレーディングポストのインディアンジュエリーはアメリカ国内でも大変人気があります。


【Awa Tsireh】アワ・ツィレーは、【San Ildefonso Pueblo】サン・イルデフォンソ出身のアーティストとして非常に有名な人物で、画家やダンサーとしても知名度があります。どのようにしてシルバーワークを学んだのかはっきりとしていませんが、生まれた時には家族がアートの世界ですでに活躍していたようです。
1930年からは、GARDEN OF THE GODS TRADING POSTに所属し、多くの傑作を残しています。その作風は伝統的なスタンプやハンマーワーク等の技術を踏襲しながらキャッチーなアニマルモチーフ等を多く制作しています。コッパー製のトレイやシルバーカトラリー等も残されていますが、その多くはすでにミュージアムの収蔵品となっています。また、おそらくイーグルフェザーをモチーフにした最初の作家ではないかと思われます。


【GARDEN OF THE GODS TRADING POST】ガーデンオブザゴッド トレーディングポストは、もともとFred Harvey Companyで働いていたCharles E. Strausenbackが、1920年にコロラド州Pike's Peakの国立公園、通称『ガーデンオブザゴッド』で始めた観光客向けのインディアンアートショップです。ナバホのオールドスタイルをベースにしながらも、多くのプエブロインディアン作家を擁し、プエブロスタイルも積極的に取り入れたミックススタイルが特徴的な工房です。
それは、インディアンジュエリー創成期の最もクリエイティブな作家のひとりとして知られるこちらのデザインソースを制作した【Awa Tsireh】をはじめ、【William Goodluck】【John Etsitty】【Epifanio Tafoya】等、プエブロ・ナバホの中でも後に偉大なアーティストとして知られる多くの作家達であり、それぞれが独創的なスタイルを生み出し、沢山の傑作を生みだしたインディアンアートショップです。


1940年代頃は、インディアンクラフトショップや古くからのトレーディングポスト(トレーダー)によって販売されたジュエリーと、現在フレッド・ハービースタイルと言われるインディアンクラフト作品を分業化・量産化した工房のBELLやMaisel'sの間に大きな差が生まれた時期に当たり、こちらのようにGARDEN OF THE GODS TRADING POSTやSOUTHWEST ARTS&CRAFTS、Fred Peshlakai等に所属する多くの優秀な作家によって生み出された秀作が、量産化を図った工房で模倣されました。
こちらの作品もそんなピースの一つであり、【Awa Tsireh】の作品をほぼそのままサンプリングした作品です。

こちらもツーリストジュエリー/スーベニアアイテム独特のキュートでキャッチーなデザインで、古い作品とは思えない印象を持っていますが、アンティーク特有の渋い質感も感じられます。

また、こちらの様なピンブローチは多くのスタイルにおいて素晴らしいアクセントになると思われ、ビンテージインディアンジュエリー独特のポップでナチュラルな雰囲気は、ラペルやハット等多くのアイテムにフィットします。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


ビンテージにつき、シルバーには全体にクスミが見られますが良好なコンディションです。
PRICE:
13,400 円(税込)
SIZE:
縦 約4.6㎝   横 約2.3㎝ 
MATERIAL:
Sterling Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ